断った!

自分が時間内に処理しきれない仕事を、暇でもない人(この場合、自分がえらそうに頼めると勘違いしている人)に押し付けるクソババア。グズグズと大きな声で独り言を発していたかと思えば突然、年上おばさんに「ちょっと。これとあれ、処理して」と他人に押し付けることを思いついて一方的に押し付け開始、が。「できません。いま私、この仕事していて忙しいんです。そのあとも別のものが控えていますから」。なんと年上おばさん、ジロリとババアを一瞥してから画面に視線を戻してビシッと断った!

広告を非表示にする