出た出た

今週が最大に忙しい部署に宛てて問い合わせのメールが入ってきた。担当者が不在や多忙時にはすぐに返事出来ないということを、問い合わせ時に注意書きを出しているのにも関わらず、関係ないババアが勝手に返事を出している。しかもまったく中身のない返事。担当者が返事できないくらい多忙なんです。と。おまえ余計なことすんなよ。もらった返事が中身ないのは一番迷惑。明日まで待てば担当者が返事するのに。

広告を非表示にする

辞めたいんだって

同僚さんと呑みにいったらババアの話題に。同僚さんはそこまで嫌っていないらしく、そういう人には私も悪口を言いたくない。その話題の時は気持ちのこもらない返事をテキトーに。同僚さんは「(ババアは)今やっているプロジェクトが大変だから辞めたいらしいよ」と。大変、て。上司がいうにはババアはほとんど仕事出来ておらず、呑み会参加の集計だけやっているような状態らしい。辞めたらいいのに。ついでに職場も辞めてくれていいのに。

広告を非表示にする

ざまーみ。

勘違いメールに憤慨した週明け。しかし愉快なのは、週末に至る今日の時点で少なくとも誰ひとりそれに「処理しておきました」的な返信をしない。皆忙しいのはもちろん、やはり疎ましいと感じている。気づいていないのは自分だけ。お気の毒。毎日毎日リフレッシュ休暇と称しながら自宅でメールチェックをして、誰からも返事がないことにイライラしているのだろう今頃。なんならシフト表に代理で休みを記入しろと言われていたおばさん、まったく無視。自分の休みだけ記入していた。ざまーみ。

広告を非表示にする

リフレッシュ休暇

「御用聞きメール」はもちろん、共用アドレスから皆に見えるように送られている。それがポリシー。「私はとっても忙しいんだけど、リフレッシュ休暇を取らせてもらうから、その間あなたたちは私の仕事をきっちり片付けておくのよ」と、声が聞こえてくるような勘違いもはなはだしいメール。現在社内で一番仕事量が少ないのは、他でもなくこのババア。そして仕事をひとりで完成させられないのもこのババア。

広告を非表示にする

御用聞き

たった数日休みを取るだけで職員全員に自身の仕事を分散して押し付けまくるクソババ。仕事といえば聞こえはいいが実際は仕事でもなんでもない。他人を「私の御用聞き」と思っていることが丸わかりな内容ばかり。私には、自分宛のFAXが届いたらクリップで留めて飛ばないようにして机に置いておけ、他の人には、シフト表に自分の休みを代わりに書き込んでおけ、など。頭おかしいのかなと思った。いやおかしいんだけど。

広告を非表示にする

意味不明なメール

私の激怒、年上オバサンも激怒。無能上司は「はぁ~胃が痛いわ」。たまには痛めとけいつも無神経な発言ばっかりしてあのババアをここまでしたんだから。とはいえババアの指示メールは肝心な内容が抜けていたり、意味が不明だったりと失笑モノ。年上オバサンももはや返事する気もなく、大量の指示メールに誰一人、報告メールを発信せず。今頃家でメールチェックして誰も返事していないことにいらついているだろうに。

広告を非表示にする

上司すら手下

関係ないメールはその後のチェックでまだ3通あった。どれも「○○さん、あれ処理して下さい」「××さん、それ準備しておいて」。いやいやババアふざけんな。誰がおまえの手下なんだよ。果てには無能上司にまで「私の個人メールを毎日チェックしておいて下さい」。上司すら手下。たかだか数日休むのに、おまえどんだけ仕事してるふりしてんの? 指示された上司には気の毒だが思わず「私はこいつの秘書でも手下でもない! 迷惑だ!」と激怒。

広告を非表示にする